トップページ > ブログ

 

オフィス環境診断士1級講座について

オフィス環境は室内空間や家具、備品などを変えるだけで良くなることは有りません。
昨今「働き方改革」という政府方針の流れの中で、「人」のする仕事には生産性の向上が必須となっており、業務プロセスの見直しをして職場から無駄を省いていかなければならなくなりました。
その為にも、従業員の知的創造性が発揮できるオフィスが必要な時代になってきています。
ストレスを取り除き働きやすい職場にするためにも、整理収納のメソッドをオフィス環境に積極的に導入し、効率的で機能的な環境を作る役割を「オフィス環境診断士」が担います。
オフィス環境を様々な観点から定量的・定性的に分析することでオフィスの整理収納を効果的に進めるためのスキルと知識を身に付けることが出来、家庭向けから企業向けにサービスの幅を広げようと考えている整理収納アドバイザーには必須の資格です。
また、オフィスを対象にした物販や工事の仕事をされている方や企業様には本業との関連性が強く、営業資格としても有効です。
「オフィスチェッカー®」は株式会社平善の特許及び登録商標です。

 

オフィス環境診断士1級を取得すると
・オフィスチェッカーによる分析でお客様の現状把握と課題の抽出ができます。
・オフィス環境改善のアドバイスやプランニングができます。
・オフィス環境診断士として名刺に記載し、顧客の信頼度が向上します。
・企業へのアプローチがし易くなります。
・本業にプラスアルファの専門性が加わります。
・診断書をベースにした企業セミナーが開催できます。
注)整理収納のコンサル業務には整理収納アドバイザー1級資格が必要です。

 

このような方へおすすめ
・企業向けの整理収納サービスに取り組みたい方
・3S・5Sコンサルティングを目指す方
・オフィス環境の改善を仕事にしたい方
・オフィス向けの物販、工事を仕事にされている方
・・オフィスデザインの仕事をされている方
・将来的に整理収納のコンサルを目指している方
・オフィスにおける生産性の向上を提案したい方
・快適なオフィス環境を提供したいと考えている方
・オフィスを対象にした営業をされている方
・将来的に整理収納のプロを目指している方
注)外部コンサルを目指す方は上位資格が必要です。

 

講座概要

受講料

45,360円(税込) 

10月より消費税が上がるので、10月講座から46,200円となります。
※消費税 テキスト代 認定料含む

受講時間 10:00~17:30(休憩1時間含む)1日
※時間は会場により異なります
受講資格 次のいずれかに該当すること
・オフィス環境診断士2級講座受講済みの方(申込は同時受付可)
・整理収納アドバイザー2級認定講座受講済みの方
・整理収納アドバイザーBAV講座受講済みの方
・整理収納教育士に認定された方
認定証 受講後約1ヵ月で郵送いたします。
※受講後1ヵ月を過ぎても認定証が届かない場合は、協会にお問い合わせください。
※受講後2ヵ月以上過ぎての未着のご連絡は、紛失扱いとなり有料となります。
資格有効期限 なし
※更新の必要はありません。
最小催行人数 2名

 

カリキュラム

第1章 オフィス環境を整えなければならない背景
第2章 オフィス環境診断士が必要とされる理由
第3章 オフィス環境調査のねらい(目的)
第4章 オフィスに特有な事情や環境
第5章 オフィスにおける整理収納とは
第6章 ファシリティマネジメントによるオフィス環境
第7章 実習
第8章 オフィス環境の調査に必要な項目
第9章 オフィスチェッカーによる詳細分析
第10章 実習
第11章 調査におけるその他の注意点

 

講座についての注意事項

・講座の4分の1以上の遅刻または早退をされると、資格認定されませんのでご注意ください。
・テキストは講座受講時に配布いたします。
・個人情報保護の観点から、録音や録画はお断りしております。
・最小催行人数に満たない場合、開講中止になる場合がございますので、予めご了承ください。

 

【日 程】

8月17日(土)ぽっぽ町田 会議室3 9:30~16:45    終了

10月16日(水)ぽっぽ町田 会議室3 9:30~16:45

11月30日(土)ぽっぽ町田 会議室3 9:30~16:45

お問合せ

 

2020年より、会場を横浜市アートフォーラムあざみ野に移します。

 


……(続きを読む)


ようやく梅雨が明けましたが、それにしても暑いですね。

猛暑の中、お仕事をされている皆さま、熱中症には十分お気を付けください。

 

まだ工事の途中だというコンパクトな社長室。とても気が良かったです。

 

 

 

7月に開催したオフィス環境診断士2級。

会社の整理整頓リーダーと副リーダーの方にご参加いただきました。

 

会社で必要なモノと不必要なモノとは、何を言うのか?

分けるということは、どのようなことなのか?

 

実際に分けてみると、人によって基準が違う事がわかります。

 

 

家族であれば、何気なく暗黙のルールのようなものがあって、それで回ってしまいますが、会社では人それぞれの基準やルールが違うと、いつまで経っても上手くいかないという事が起こります。

毎年「整理整頓」の声を掛けるけれど、そのうち社員は慣れてしまい、

「また総務部がなんかやっているよ。」

「研修なんてしても、変らないし。」

 

なんて声が上がり、うやむやになってしまうことも多いようです。

これは大きな企業様の方が、悩んでいることのようです。社員の人数が多いので、意思統一させるのが難しいのです。

 

小さな企業様ですと、機動力が違いますから、一旦始まるとアッと言う間に整っていきます。

意識の統一が取りやすいのは、全員研修が可能だからです。

 

もちろん、トップの意識が重要なのは言うまでもありません。

トップが動かず、社員に整理整頓しなさい!と言ったところで、社員は言葉には出さなくても「適当にしておけば・・・」という気持ちになるのは自然なことです。

やるなら全員!

 

全社は難しくても、グループや部なら可能なはずです。

支社で取り組んで、成果を上げている会社様もあります。

 

一つどこかで成功すると、他も出来ないはずは無いとなります。

そのため、成果がだせるグループから始めます。

その方が効率的に変化が分かるからです。

 

 

オフィス環境診断士2級を取られたリーダーは、すぐに材料の整理整頓に取り組んでいました。

コンサルティングの際に考え方は伝えていたので、また問題点と改善策も伝えていましたが、お一人で改善をされました。

 

これには驚きました。変更する際には立ち会うつもりでいたのですが、その必要もなく終わったとのことでした。

独断で決めたら、これまた困ることになるので確認をしたところ、それぞれの部長に許可を取って変えたとのことでした。

流石です!

 

若いリーダーを選んだ社長の意図が、ようやく分かりました。

 

 

次回の研修は、文書管理についてです。

私どもが所属しているSSADオフィスマーケット研究会の中でも、文書のプロフェッショナルに講義をしていただく予定です。

 

これからますます楽しみな企業様です。

 


……(続きを読む)


 

オフィス環境診断士2級講座を開催しました。

写真は、分けるワークの真っ最中。

ゴチャゴチャの引き出しや書類を整理する時、頭もゴチャゴチャになりやすい。

 

何がいらないのか?
本当に処分していいのか?

 

モノを目の前にすると、人は思考が止まりがちです。

それを抽象化させると、案外わかりやすい。

その人の思考、好み、やり方、周りとの連携の取りかた。

 

以外と第三者から見ると、その人の分け方にクセも見えてきます。
カードではありますが、モノや書類でも、同じことをしているはずです。

そして、それは皆違うのです。


それを発見し、自分を知るということができる貴重な講座だと思っています。

 

一度経験してみると

「整理」という意味。

「わける」ことの重要性。

他者との認識の違い。

 

沢山の学びがあります。
そこから理論的に、どのようなことをしていくのか?
ノウハウをお伝えしているので、整理整頓が苦手な方でも、大丈夫!!!

あなたが職場の整理整頓リーダーになれる日も近い!

 

整理整頓の担当者になったけれど、どうしたらいいのか分からない。。。

会社内が整理整頓できていなくて、対外的にも問題がある。

情報漏洩しないようにしたいが、その前にセキュリティーに関して社員の意識が低い。

 

 

全て整理整頓が出来ていない事から発生している可能性があります。

それは意識の問題だから。

 

しっかりしている会社は、社員の意識が高い。

高いから整理整頓も出来ている。自然とシステムさえ整っていれば、セキュリティーも高い。

 

 

整理が出来ている会社は、コミュニケーション能力も高い。

出来ていない会社は、コミュニケーション能力も低いことが多い。

デスクが山になっていて、正面の人とコミュニケーションがとれるはずはないから。

 

 

コミュニケーション研修をする会社は多いけれど、本当にそこが問題ですか?

社員間のコミュニケーションさえとれない人が、お客様とコミュニケーションはとれるのでしょうか?

なぜ、社員間のコミュニケーションが取れないのでしょうか?

取れないのではなくて、取れる環境になっていないのではないでしょうか。

 

環境整備が出来ていれば、自然と話し始めるものです。

それは、フリーアドレスに変えた営業の方が、奇しくも言っていました。

 

 

「わざわざ会議室を取る必要もなくなった。

顔を上げれば、仲間がいる。分からない事、これから試してみたい事。

聞こうと思えば、タイムリーにすぐに聞ける。

アイディア、発想の転換。話していくうちに、ドンドン広がる。

良い事しかない!!!」

 

 

あなたの会社は、どんな状況ですか?

整理整頓は、最低限のベースです。

そのベースが整っているからこそ、次のステップが大きく飛躍するのです!

家を建てるのだって、基礎が出来ていなければ、地震に耐えられないですよね。

仕事でも同じだと思います。

 

 

仕事のできる人は、デスクが綺麗。

一般的に言われている事です。もちろん例外はあります。

でも、6割の方は、綺麗な方が仕事は捗るのです。

 

あなたは、残りの2割、片付けなくても仕事が捗る分類に入りますか?(後2割はおさぼり組)

社員の6割の仕事が捗ったら、会社はいい方向に改善されていきます。

 

たかが「整理」

されど「整理」

 

整理がなくて、整頓はあり得ないのです。

 

整理収納アドバイザー2級以上の資格を持っている方は、オフィス環境診断士1級から受講できます。

 

【講座詳細】
オフィス環境診断士1級:7月27日(土)
  https://bit.ly/2S1pSMu
オフィス環境診断士2級:8月8日(木)
  https://bit.ly/30m8zbX
場所:ぽっぽ町田


……(続きを読む)


整理整頓研修の第2回目。
皆様の進捗具合をお聞きしました。

7割減らします!
そう宣言した社長様は、なんと!8割減らしたと言われていました。

何をバサッと減らしたのかというと、名刺。

 

 

日々新しいご縁で、増えていく名刺。
この名刺も、整理をしていかないと、たまる一方です。
そう、人間関係の整理です。

個人で人間関係の整理というと、ちょっと冷たい感じがしますが、
ビジネスでは、濃い関係性の人とお仕事をしていくので、
薄い関係性の方だと、一度会ってそれで終わってしまいます。

発展性のない方の名刺は、持っていてもしかたないですね。
そこから営業につながるのであれば、それは宝の山にもなります。

ようは、その名刺を何に使うか?です。

 

名刺が山になって、ほぼ埋め尽くされている会長様のデスクを見かけたことがあります。

あまりに凄かったので、名刺管理ソフトを扱っている社長様も同時期にお知り合いになりましたので、また会長様もご存知な方でしたので、使われてはいかがでしょうか?とお伝えしたことがあります。また、秘書の方もいらっしゃるので、頼めばよろしいのでは?ともお伝えしました。優しい会長様は、秘書は忙しいからと言って、取り合ってくださいませんでした。秘書の方も、やりますよと言われていたのですが。。。何がその名刺を整理させないのでしょうか?

 

 

考えられる理由をあげてみました。

・グループ分けができない。

 すでに大量になってしまった名刺。フランチャイズもされているので、グループ企業のオーナーや店長の名刺は捨てられない。しかし、どこのグループに所属するのか覚えているかというと不明になっている?のかもしれません。

 

・時系列の方がわかりやすい

 名前を覚えるのは大変だが、あの時の人が分かれば、時期でだいたい探せる。

私自身、顔と名前を一致させて覚えるのが苦手です。若いころから、日々何百人も来社する方を覚えている受付嬢は凄いなと思っていました。同じようなタイプだと、会社名や名前で「あいうえお順」は使えない分け方になります。そのため、デスクの山はそれなりのルールで(6~7月に会った方など)置かれている可能性があります。

 

・自分が管理したい

 人に頼むのが嫌だ。自分で管理したいが、時間の確保が難しくてそのまま放置している。

 

 

いずれにしても、溜めてしまえばそれだけ整理にかかる時間は増えます。できればその日のうちに、名刺管理ソフトに入れてしまうのが一番です。そうすれば、いつ会った人かというのも入力時の記録で分かりますし、紙で取っておく場合は、名刺に名刺交換をした日付と会った場所(○○会議など)を記載しておくと後で思い出しやすくなります。

 

書類も同様ですが、溜めたら溜めただけ整理の時間はかかります。生産性という点では後ろ向きなので、やりたくなくなります。そうなる前に、少しづつ整理をする時間を取ることが大切です。

 

 

整理整頓に特化したノウハウをお伝えしています。

オフィス環境診断士2級講座

講座日程: 7月12日(金)9:30~16:30

      8月8日(木)  9:30~16:30

      9月13日(金)9:30~16:30

会場:ポッポ町田 会議室3(小田急・JR町田駅徒歩3分)

受講料 :  32,400円 税込 

      テキスト持参者は 30,900円

詳細はこちら

 


……(続きを読む)


研修で、お困りごとをお聞きしていた時のことです。

ある男性が、「図面を入れる所がなくて、困っている。これからの案件なので折りたくない。結局デスクの上に置いたまま。」とのこと。

図面用のキャビネットがあるわけでもないので、広いスペースといえばデスクの中央の引き出し。

「中央の引き出しには入らないでしょうか?」とお聞きすると、文具類が入っていて一杯だと言われます。

 

この話から、デスクの使い方が分かっていないことが判明しました。

日々なにげなく使っているデスクですが、入れるモノと場所は決まっています。文具なら、右上段になります。

前回の記事(オフィスの整理はデスクから)でも書きましたが、余計なものを何でも入れていると、あっという間にゴチャゴチャ引き出しが完成します。

さらに中央の引き出しは、何を入れるかというと、

 

何も入れません。

 

え!入れない?

 

 

はい、空のままです。

 

 

 

そう、通常は空のままです。

この高さのあまりない広い空間は、離席時にデスクの上にあるものを一時退避させるための空間です。

ですから、中にモノが入っていてはNGなのです。

ただし、長い物差しなど、文具の引き出しに入らないものは、こちらでよいでしょう。

 

 

この話は、社員の皆さんには衝撃だったらしく、「そもそも使い方が間違っていたんだ!」ということになりました。

そのため、引き出しを一旦整理していた社員も、中央の引き出しを空にすべく、再度挑戦されていました。

これは、研修が終わった後の光景です。

その後2日経って、どうなったかもう一度お尋ねすると、かなりの社員が引き出し整理をされたとのことでした。

 

必要性を伝えるということが、どれだけ大切かがわかります。

私は総合商社に勤めていましたので、同じような部品、商材を扱っているメーカーさんが来社します。

来客時にお茶を入れに離席をしたときに、デスク上に価格が載っているようなものを置きっぱなしにすれば、勝手に帳面を開ける社長もいらっしゃいます。そこまでではなくても、背後から急に「よ!元気!!」とか声を掛けられると、飛び上がるくらいビックリします。そして、パタパタと帳面を閉じるわけです。いくら関係会社とはいえ、仕切り価格が分かってしまうのはマズいわけですね。その時は、中央の引き出しに入れてから離席(お茶入れ)をするということをしていました。

これは先輩に習ったわけでもなく、自然とそうならざるを得ない状況だったわけです。

 

必要性があるところに理論が付いてくる。

そんな風に私は考えています。理論が先でも同じようですが、やはり体得したものは忘れることがないので、絶対放置するということは起こらないのです。

研修は何のためにあるのか?と考えると、やはり体得できる場があるとないとでは、結果は大きく変わると感じています。

 

次回は材料の棚の配置換えを、使用頻度と動線を考えながら変えていくことをしていきます。

すでに棚の位置は、社員同士で考えて、使いやすい場所に移動をしてくださっています。当初の図面と異なっているのですが、コンサルティングでお伝えしたことを考慮し、再度変更をしてくださいました。

 

一番分かるのは、使っている方です。どのような考え方をし、どのように移動したら効率が良くなるのか?をアドバイスすることで、社員が考え、社員自身が動く。

これが維持継続には大切なことにつながっていきます。

若いリーダーは、ご年配に配慮しながら上手に進めていらっしゃいます。社長様のサポートもあってのことなので、大変ありがたいと感謝しています。

ありがとうございます。

 

 

整理整頓に特化したノウハウをお伝えしています。

オフィス環境診断士2級講座

講座日程: 7月12日(金)9:30~16:30

      8月8日(木)  9:30~16:30

      9月13日(金)9:30~16:30

会場:ポッポ町田 会議室3(小田急・JR町田駅徒歩3分)

受講料 :  32,400円 税込 

      テキスト持参者は 30,900円

詳細はこちら


……(続きを読む)


オフィスの整理整頓を進めている企業様。

研修で、なかなか捨てられないと言われていた方のデスクの引き出しを、一緒に整理してみました。

文具を入れる場所である右上の引き出し。

出していただくと、書類が入っていました。

 

(イメージ画像です)

 

 

オフィスのレイアウト変更で、デスクの場所も変わるので、これを機に一斉に整理を進めている時期でした。

引越しをしたのはいいけれど、書類の整理が追い付かずに、一番上の引き出しにも書類が鎮座してしまったようです。

 

 

まずは、引き出しの中のモノを、全部出していただきました。

ここから整理は始まります。

書類の下からは、ホチキスが2個、カッター3個、ホチキス芯8個。

どうして複数なのかお聞きすると、「無くなるから。」

どうも勝手に持って行く人がいるようです。この方以外からも同じ言葉が出てきたので、手短なところから使う方がいそうなのです。

それにしても、ホチキスの芯は1個で十分では?そもそも個人で持っている必要があるのか?を考えていただき、ご自身で、引き出しの中からは全て取り除くと、決断されました。

 

職人さんでもあり、その工事関係の事務も全てこなすのがこちらの会社の方針なので、事務が苦手な方は大変かもしれません。

つい使わなかった部品を備品棚に戻さずに、引き出しの中に入れてしまう。そんな光景が目に浮かびます。

 

ここは意識を持っていただくしかないのですが、使ったものは元に戻す。これにつきます。

その意識付けを、コンサルティングで高めていくことをしています。

 

 

面白いことに、一人の引き出しを実際に片づけてみると、周りでやいやい言っていた社員も、自分の引き出しの中を整理し始めたのです。

これが波及効果です。たった一人の事例をしただけで、いかに不必要なモノがデスクの中に混在していて、使いずらくなっているのかが分かったのです。

 

自分の使っているモノは無意識なので、また使い慣れているので、なにが問題なのか分かりずらいということがあります。

しかし、人のモノだと冷静に判断できるので、「これ、いらないんじゃないか?」となるのです。

 

確かに、カッターは1本でいいと思いますし、3本のうち1本は壊れていたので処分。もう一本はどうしても持っていたいとのことでしたので、予備用で引き出しの中でも収納場所を変えることにしました。

ところが、整理をしていくうちに気持ちは変わっていくものです。

スッキリしてきた引き出しになるにつれて、他の社員から、「予備としていたカッターが欲しい。」と声が掛かり、気前よくお渡しされていました。

これが整理のもう一つの効果です。

 

 

モノを整理していくと、心の整理も出来るようになります。

「捨てたくない。」「同じモノを複数持っていたい。」

その気持ちがどこから来るのか?が分かると、対処法もわかってきます。そうすると、本人が減らすという選択をしていきます。

全てを丁寧に一人一人見ていくことは難しいところですが、一つの事例をすることで周りへの波及効果が認められるのであれば、実際に一緒に整理整頓をしてみるということも有効です。

 

使うモノしかなくなった引き出しは、ガラガラ状態。

引き出しは出し入れする度に中のモノが動くので、仕切りが必要になります。

100円ショップでもいろいろな仕切りが売られていますし、お菓子の箱でも収納することは可能です。とりあえずその場にあるモノで仕切りましたが、「収納グッズを買ってこよう!」と、ちょっとやる気になった社員さんでした。

 

整理整頓に特化したノウハウをお伝えしています。

オフィス環境診断士2級講座

講座日程: 7月12日(金)9:30~16:30

      8月8日(木)  9:30~16:30

      9月13日(金)9:30~16:30

会場:ポッポ町田 会議室3(小田急・JR町田駅徒歩3分)

受講料 :  32,400円 税込 

      テキスト持参者は 30,900円

詳細はこちら


……(続きを読む)


横浜の企業であるアルテサロンホールディングス様と関連企業2社様の整理整頓改革に、2年間携わらせていただきました。

ジャスダック上場企業でもあるアルテサロンホールディングス様。

何度か社内の整理整頓を進めていらしたのですが、途中で立ち消えになるということを経験されていました。

横浜Tキューブ・スタイル藤岡とアルテサロンホールディングス会長吉原直樹氏との出会いは、横浜市の女性起業家プレゼン大会でした。

吉原氏は、審査員のお一人としてご出席されていました。藤岡はトップでプレゼンをさせていただき、お声をかけていただきました。

 

その後は、アルテサロンホールディングス、アッシュ、スタイルデザイナーの3社を定期的にコンサルティングさせていただきました。

社員が出社する前の状態を見させていただき、現状の把握から始めました。各部署を周り、社員の意見・使い勝手等をお聞きして、いつもは上司に言えないことも把握。会社との仲介役としてお伝えする役割もありました。全体的に若い会社ですので、トップダウンが浸透しやすい企業様ではありますが、会社の意図が社員に通じていたかというと、管理職と社員の間にはズレがありました。整理整頓の大切さをお伝えしつつ、改善できるところはどこか?を見ながらアドバイスをしてまいりました。

 

コンサルティングが始まってすぐに、デスクの上は帰宅時に何もない状態になりました。

セキュリティも、始めの頃と2年経った今では雲泥の差で、よく使うところ以外の棚に鍵がかかっているのは、普通の状態に。営業で忙しいアッシュの改善は、フリーアドレス化から一気に変わりました。

フリーアドレス

 

3社あると、それぞれのカラーがあり、サッと変わるところもあれば、ちょっと時間がかかった会社もあります。しかし、意識の変化は着実にアップしていきました。

最後には、スタイルデザイナーから分離して、㈱C&P(チョキペタ)が発足し、さらなる発展をとげています。

 

限られた人の資源と、スペースの問題は、どこの企業でもある悩みでしょう。それを解決した一つに、環境整備をすることでスペースの確保ができ、そのスペースに人を配置することが可能になった事例です。スペースができると、不思議とそこに運も入ってきます。

 

2年間の総まとめとなった調査時で印象的だったのは、整理整頓担当者様の「今までは、コンサルタントが来ると周知していましたが、今回は何も言っていません。それでこの状態が保てるようになっています。」という言葉でした。

社員全員に、整理整頓の意識が根付いたのがわかります。

 

すべて完了したのかというと、まだ改善の余地はあります。そのチェック項目もお伝えしてあります。それを実行するかどうかは、やはり会社の意識の高さによります。少しでも改善しようとするのか、これくらいはいいだろう、とするのか。それは、やはり数年後に業績として表れてきます。

一度根付いたものは、崩れにくくなります。社風として着実に次の世代に受け継がれていくからです。そこまでが大変なのですが、一度こういうものだ!と定着すると、新入社員もそんなもんだと思って従います。中途採用者だけに教育セミナーをしても、それは根付かないでしょう。やるのであれば、社員全員で取り組む必要があります。

今回の4社については、全社で取り組んだから改善が可能となったのです。部下だけに言って、上司がしないでは、部下はまったく動きません。上司が動くから、部下が動くのです。

 

今後は、ペーパーレスを進めていかれるでしょう。PC内の整理についても、基本的に紙書類と同じです。いつでも取り出せるようにしておく仕組み作りが鍵となっていきます。

今後のさらなる発展を期待しています。

 


……(続きを読む)


オフィス環境診断士1級講座について

オフィス環境は室内空間や家具、備品などを変えるだけで良くなることは有りません。
昨今「働き方改革」という政府方針の流れの中で、「人」のする仕事には生産性の向上が必須となっており、業務プロセスの見直しをして職場から無駄を省いていかなければならなくなりました。
その為にも、従業員の知的創造性が発揮できるオフィスが必要な時代になってきています。
ストレスを取り除き働きやすい職場にするためにも、整理収納のメソッドをオフィス環境に積極的に導入し、効率的で機能的な環境を作る役割を「オフィス環境診断士」が担います。
オフィス環境を様々な観点から定量的・定性的に分析することでオフィスの整理収納を効果的に進めるためのスキルと知識を身に付けることが出来、家庭向けから企業向けにサービスの幅を広げようと考えている整理収納アドバイザーには必須の資格です。
また、オフィスを対象にした物販や工事の仕事をされている方や企業様には本業との関連性が強く、営業資格としても有効です。
「オフィスチェッカー®」は株式会社平善の特許及び登録商標です。

 

オフィス環境診断士1級を取得すると
・オフィスチェッカーによる分析でお客様の現状把握と課題の抽出ができます。
・オフィス環境改善のアドバイスやプランニングができます。
・オフィス環境診断士として名刺に記載し、顧客の信頼度が向上します。
・企業へのアプローチがし易くなります。
・本業にプラスアルファの専門性が加わります。
・診断書をベースにした企業セミナーが開催できます。
注)整理収納のコンサル業務には整理収納アドバイザー1級資格が必要です。

 

このような方へおすすめ
・企業向けの整理収納サービスに取り組みたい方
・3S・5Sコンサルティングを目指す方
・オフィス環境の改善を仕事にしたい方
・オフィス向けの物販、工事を仕事にされている方
・・オフィスデザインの仕事をされている方
・将来的に整理収納のコンサルを目指している方
・オフィスにおける生産性の向上を提案したい方
・快適なオフィス環境を提供したいと考えている方
・オフィスを対象にした営業をされている方
・将来的に整理収納のプロを目指している方
注)外部コンサルを目指す方は上位資格が必要です。

 

講座概要

受講料 45,360円(税込)
※消費税 テキスト代 認定料含む
受講時間 10:00~17:30(休憩1時間含む)1日
※時間は会場により異なります
受講資格 次のいずれかに該当すること
・オフィス環境診断士2級講座受講済みの方
・整理収納アドバイザー2級認定講座受講済みの方
・整理収納アドバイザーBAV講座受講済みの方
・整理収納教育士に認定された方
認定証 受講後約1ヵ月で郵送いたします。
※受講後1ヵ月を過ぎても認定証が届かない場合は、協会にお問い合わせください。
※受講後2ヵ月以上過ぎての未着のご連絡は、紛失扱いとなり有料となります。
資格有効期限 なし
※更新の必要はありません。
最小催行人数 2名

 

カリキュラム

第1章 オフィス環境を整えなければならない背景
第2章 オフィス環境診断士が必要とされる理由
第3章 オフィス環境調査のねらい(目的)
第4章 オフィスに特有な事情や環境
第5章 オフィスにおける整理収納とは
第6章 ファシリティマネジメントによるオフィス環境
第7章 実習
第8章 オフィス環境の調査に必要な項目
第9章 オフィスチェッカーによる詳細分析
第10章 実習
第11章 調査におけるその他の注意点

 

講座についての注意事項

・講座の4分の1以上の遅刻または早退をされると、資格認定されませんのでご注意ください。
・テキストは講座受講時に配布いたします。
・個人情報保護の観点から、録音や録画はお断りしております。
・最小催行人数に満たない場合、開講中止になる場合がございますので、予めご了承ください。

 

【日 程】

7月27日(土)ぽっぽ町田 会議室3 9:30~16:45

8月17日(土)ぽっぽ町田 会議室3 9:30~16:45

9月19日(木)ぽっぽ町田 会議室3 9:30~16:45

 

お問合せ


……(続きを読む)


 

 

 

  • オフィス環境診断士2級講座について

 オフィスにおける基本的な “整理の考え方”、具体的な “整理の方法”、実践的な “収納のコツ” を、事例を交えて学び、自分の職場に存在する業務のムダに気付き生産性の上がる職場に変えていく方法を学びます。整理収納アドバイザー2級同等資格講座になります。

 また、オフィス環境診断ツール「オフィスチェッカー®」と「わけるとわかるわけるくん®」を実習で使うため、気づきと改善をわかりやすく学ぶことが出来、明日からすぐに実践行動に移せます。

 オフィス環境診断士1級を続けて受講することで、整理収納とオフィスの関係を、より理解することが出来ます。

 「オフィスチェッカー®」は株式会社平善の特許及び登録商標です。「わけるとわかるわけるくん®」は関美恵子氏の登録商標です。

 

  • オフィス環境診断士2級を取得すると

 社会人として必要な整理整頓の基礎知識が身につきます。

 自分の職場環境の現状に気づくことが出来ます。

 自分の職場環境の問題点を解決する方法が見つかります。

 分類ワークを通じて職場における組織力の上げ方を学ぶことが出来ます。

 結果として自分の職場環境が改善され快適に仕事が出来るようになります。

 整理収納アドバイザー1級予備講座の受講資格が得られます。

   オフィス環境診断士1級の受講資格が得られます。

 (整理収納アドバイザー2級同等資格)

 注)整理収納のコンサル業務には整理収納アドバイザー1級資格が必要です。

 

  • このような方におススメです。

 新入社員研修として整理整頓の基礎を学ばせたい企業

 社員向け5Sの導入研修を検討している企業

 オフィスにおける生産性の向上を図りたい企業

 快適なオフィス環境を作りたいと考えている企業

 自社の職場環境の問題点が不明確な方、又は企業

 オフィスを対象にした営業をされている方、又は企業

 将来的に整理収納のプロを目指している方

 注)外部コンサルを目指す方は上位資格が必要です。

 *企業、団体向け出張研修も可能ですのでご相談ください。 

 

  • 受講料   32,400円 税込 

      テキスト持参者は 30,900円

 

  • テキスト

 整理収納アドバイザー公式テキスト「一番わかりやすい整理入門」

 &「オフィス環境診断士2級ワークブック」

 

  • 受講資格:どなたでも受講できます。(日本語が理解できる方)

 

  • 認定証:受講後約1ヵ月で郵送いたします。

 ※受講後1ヵ月を過ぎても認定証が届かない場合は、協会にお問い合わせください。

    ※受講後2ヵ月以上過ぎての未着のご連絡は、紛失扱いとなり有料となります。

 

  • 資格有効期限:なし ※更新の必要はありません。
  • 最少催行人数:2名

 

  • 講座についての注意事項

・講座の4分の1以上の遅刻または早退をされると、資格認定されませんのでご注意ください。

・テキスト及び資料は講座受講時に配布いたします。

・個人情報保護の観点から、録音や録画はお断りしております。

・最小催行人数に満たない場合、開講中止になる場合がございますので、予めご了承ください。

 

講座日程: 7月12日(金)9:30~16:30

      8月8日(木)  9:30~16:30

      9月13日(金)9:30~16:30

会場:ポッポ町田 会議室3(小田急・JR町田駅徒歩3分)


……(続きを読む)


整理整頓が社員研修に有効であることを、ぜひ知っていただきたくて動画を作りました。

モノであれば、効率的な動線などが関わりますし、文書であれば、コンプライアンスに関わります。

新入社員の社員研修で基礎的なことを伝えることも大切です。

中途採用者への、書類の整理収納方法や保管方法、デスクの整理などの研修依頼もあります。

 

環境診断ツールを使った、全社で整理整頓を取り組んでいる企業様も増えつつあります。

自社の強みと弱みがわかり、点数化することで、改善するべき事柄が明確になります。

無料診断ツールもありますので、ご興味を持たれましたら、お気軽にご連絡ください。

 

 

 


……(続きを読む)