トップページ > ブログ

横浜の企業であるアルテサロンホールディングス様と関連企業2社様の整理整頓改革に、2年間携わらせていただきました。

ジャスダック上場企業でもあるアルテサロンホールディングス様。

何度か社内の整理整頓を進めていらしたのですが、途中で立ち消えになるということを経験されていました。

横浜Tキューブ・スタイル藤岡とアルテサロンホールディングス会長吉原直樹氏との出会いは、横浜市の女性起業家プレゼン大会でした。

吉原氏は、審査員のお一人としてご出席されていました。藤岡はトップでプレゼンをさせていただき、お声をかけていただきました。

 

その後は、アルテサロンホールディングス、アッシュ、スタイルデザイナーの3社を定期的にコンサルティングさせていただきました。

社員が出社する前の状態を見させていただき、現状の把握から始めました。各部署を周り、社員の意見・使い勝手等をお聞きして、いつもは上司に言えないことも把握。会社との仲介役としてお伝えする役割もありました。全体的に若い会社ですので、トップダウンが浸透しやすい企業様ではありますが、会社の意図が社員に通じていたかというと、管理職と社員の間にはズレがありました。整理整頓の大切さをお伝えしつつ、改善できるところはどこか?を見ながらアドバイスをしてまいりました。

 

コンサルティングが始まってすぐに、デスクの上は帰宅時に何もない状態になりました。

セキュリティも、始めの頃と2年経った今では雲泥の差で、よく使うところ以外の棚に鍵がかかっているのは、普通の状態に。営業で忙しいアッシュの改善は、フリーアドレス化から一気に変わりました。

フリーアドレス

 

3社あると、それぞれのカラーがあり、サッと変わるところもあれば、ちょっと時間がかかった会社もあります。しかし、意識の変化は着実にアップしていきました。

最後には、スタイルデザイナーから分離して、㈱C&P(チョキペタ)が発足し、さらなる発展をとげています。

 

限られた人の資源と、スペースの問題は、どこの企業でもある悩みでしょう。それを解決した一つに、環境整備をすることでスペースの確保ができ、そのスペースに人を配置することが可能になった事例です。スペースができると、不思議とそこに運も入ってきます。

 

2年間の総まとめとなった調査時で印象的だったのは、整理整頓担当者様の「今までは、コンサルタントが来ると周知していましたが、今回は何も言っていません。それでこの状態が保てるようになっています。」という言葉でした。

社員全員に、整理整頓の意識が根付いたのがわかります。

 

すべて完了したのかというと、まだ改善の余地はあります。そのチェック項目もお伝えしてあります。それを実行するかどうかは、やはり会社の意識の高さによります。少しでも改善しようとするのか、これくらいはいいだろう、とするのか。それは、やはり数年後に業績として表れてきます。

一度根付いたものは、崩れにくくなります。社風として着実に次の世代に受け継がれていくからです。そこまでが大変なのですが、一度こういうものだ!と定着すると、新入社員もそんなもんだと思って従います。中途採用者だけに教育セミナーをしても、それは根付かないでしょう。やるのであれば、社員全員で取り組む必要があります。

今回の4社については、全社で取り組んだから改善が可能となったのです。部下だけに言って、上司がしないでは、部下はまったく動きません。上司が動くから、部下が動くのです。

 

今後は、ペーパーレスを進めていかれるでしょう。PC内の整理についても、基本的に紙書類と同じです。いつでも取り出せるようにしておく仕組み作りが鍵となっていきます。

今後のさらなる発展を期待しています。

 


……(続きを読む)


オフィス環境診断士1級講座について

オフィス環境は室内空間や家具、備品などを変えるだけで良くなることは有りません。
昨今「働き方改革」という政府方針の流れの中で、「人」のする仕事には生産性の向上が必須となっており、業務プロセスの見直しをして職場から無駄を省いていかなければならなくなりました。
その為にも、従業員の知的創造性が発揮できるオフィスが必要な時代になってきています。
ストレスを取り除き働きやすい職場にするためにも、整理収納のメソッドをオフィス環境に積極的に導入し、効率的で機能的な環境を作る役割を「オフィス環境診断士」が担います。
オフィス環境を様々な観点から定量的・定性的に分析することでオフィスの整理収納を効果的に進めるためのスキルと知識を身に付けることが出来、家庭向けから企業向けにサービスの幅を広げようと考えている整理収納アドバイザーには必須の資格です。
また、オフィスを対象にした物販や工事の仕事をされている方や企業様には本業との関連性が強く、営業資格としても有効です。
「オフィスチェッカー®」は株式会社平善の特許及び登録商標です。

 

オフィス環境診断士1級を取得すると
・オフィスチェッカーによる分析でお客様の現状把握と課題の抽出ができます。
・オフィス環境改善のアドバイスやプランニングができます。
・オフィス環境診断士として名刺に記載し、顧客の信頼度が向上します。
・企業へのアプローチがし易くなります。
・本業にプラスアルファの専門性が加わります。
・診断書をベースにした企業セミナーが開催できます。
注)整理収納のコンサル業務には整理収納アドバイザー1級資格が必要です。

 

このような方へおすすめ
・企業向けの整理収納サービスに取り組みたい方
・3S・5Sコンサルティングを目指す方
・オフィス環境の改善を仕事にしたい方
・オフィス向けの物販、工事を仕事にされている方
・・オフィスデザインの仕事をされている方
・将来的に整理収納のコンサルを目指している方
・オフィスにおける生産性の向上を提案したい方
・快適なオフィス環境を提供したいと考えている方
・オフィスを対象にした営業をされている方
・将来的に整理収納のプロを目指している方
注)外部コンサルを目指す方は上位資格が必要です。

 

講座概要

受講料 45,360円(税込)
※消費税 テキスト代 認定料含む
受講時間 10:00~17:30(休憩1時間含む)1日
※時間は会場により異なります
受講資格 次のいずれかに該当すること
・オフィス環境診断士2級講座受講済みの方
・整理収納アドバイザー2級認定講座受講済みの方
・整理収納アドバイザーBAV講座受講済みの方
・整理収納教育士に認定された方
認定証 受講後約1ヵ月で郵送いたします。
※受講後1ヵ月を過ぎても認定証が届かない場合は、協会にお問い合わせください。
※受講後2ヵ月以上過ぎての未着のご連絡は、紛失扱いとなり有料となります。
資格有効期限 なし
※更新の必要はありません。
最小催行人数 2名

 

カリキュラム

第1章 オフィス環境を整えなければならない背景
第2章 オフィス環境診断士が必要とされる理由
第3章 オフィス環境調査のねらい(目的)
第4章 オフィスに特有な事情や環境
第5章 オフィスにおける整理収納とは
第6章 ファシリティマネジメントによるオフィス環境
第7章 実習
第8章 オフィス環境の調査に必要な項目
第9章 オフィスチェッカーによる詳細分析
第10章 実習
第11章 調査におけるその他の注意点

 

講座についての注意事項

・講座の4分の1以上の遅刻または早退をされると、資格認定されませんのでご注意ください。
・テキストは講座受講時に配布いたします。
・個人情報保護の観点から、録音や録画はお断りしております。
・最小催行人数に満たない場合、開講中止になる場合がございますので、予めご了承ください。

 

【日 程】

7月27日(土)ぽっぽ町田 会議室3 9:30~16:45

8月17日(土)ぽっぽ町田 会議室3 9:30~16:45

9月19日(木)ぽっぽ町田 会議室3 9:30~16:45

 

お問合せ


……(続きを読む)


 

 

 

  • オフィス環境診断士2級講座について

 オフィスにおける基本的な “整理の考え方”、具体的な “整理の方法”、実践的な “収納のコツ” を、事例を交えて学び、自分の職場に存在する業務のムダに気付き生産性の上がる職場に変えていく方法を学びます。整理収納アドバイザー2級同等資格講座になります。

 また、オフィス環境診断ツール「オフィスチェッカー®」と「わけるとわかるわけるくん®」を実習で使うため、気づきと改善をわかりやすく学ぶことが出来、明日からすぐに実践行動に移せます。

 オフィス環境診断士1級を続けて受講することで、整理収納とオフィスの関係を、より理解することが出来ます。

 「オフィスチェッカー®」は株式会社平善の特許及び登録商標です。「わけるとわかるわけるくん®」は関美恵子氏の登録商標です。

 

  • オフィス環境診断士2級を取得すると

 社会人として必要な整理整頓の基礎知識が身につきます。

 自分の職場環境の現状に気づくことが出来ます。

 自分の職場環境の問題点を解決する方法が見つかります。

 分類ワークを通じて職場における組織力の上げ方を学ぶことが出来ます。

 結果として自分の職場環境が改善され快適に仕事が出来るようになります。

 整理収納アドバイザー1級予備講座の受講資格が得られます。

   オフィス環境診断士1級の受講資格が得られます。

 (整理収納アドバイザー2級同等資格)

 注)整理収納のコンサル業務には整理収納アドバイザー1級資格が必要です。

 

  • このような方におススメです。

 新入社員研修として整理整頓の基礎を学ばせたい企業

 社員向け5Sの導入研修を検討している企業

 オフィスにおける生産性の向上を図りたい企業

 快適なオフィス環境を作りたいと考えている企業

 自社の職場環境の問題点が不明確な方、又は企業

 オフィスを対象にした営業をされている方、又は企業

 将来的に整理収納のプロを目指している方

 注)外部コンサルを目指す方は上位資格が必要です。

 *企業、団体向け出張研修も可能ですのでご相談ください。 

 

  • 受講料   32,400円 税込 

      テキスト持参者は 30,900円

 

  • テキスト

 整理収納アドバイザー公式テキスト「一番わかりやすい整理入門」

 &「オフィス環境診断士2級ワークブック」

 

  • 受講資格:どなたでも受講できます。(日本語が理解できる方)

 

  • 認定証:受講後約1ヵ月で郵送いたします。

 ※受講後1ヵ月を過ぎても認定証が届かない場合は、協会にお問い合わせください。

    ※受講後2ヵ月以上過ぎての未着のご連絡は、紛失扱いとなり有料となります。

 

  • 資格有効期限:なし ※更新の必要はありません。
  • 最少催行人数:2名

 

  • 講座についての注意事項

・講座の4分の1以上の遅刻または早退をされると、資格認定されませんのでご注意ください。

・テキスト及び資料は講座受講時に配布いたします。

・個人情報保護の観点から、録音や録画はお断りしております。

・最小催行人数に満たない場合、開講中止になる場合がございますので、予めご了承ください。

 

講座日程: 7月12日(金)9:30~16:30

      8月8日(木)  9:30~16:30

      9月13日(金)9:30~16:30

会場:ポッポ町田 会議室3(小田急・JR町田駅徒歩3分)


……(続きを読む)


整理整頓が社員研修に有効であることを、ぜひ知っていただきたくて動画を作りました。

モノであれば、効率的な動線などが関わりますし、文書であれば、コンプライアンスに関わります。

新入社員の社員研修で基礎的なことを伝えることも大切です。

中途採用者への、書類の整理収納方法や保管方法、デスクの整理などの研修依頼もあります。

 

環境診断ツールを使った、全社で整理整頓を取り組んでいる企業様も増えつつあります。

自社の強みと弱みがわかり、点数化することで、改善するべき事柄が明確になります。

無料診断ツールもありますので、ご興味を持たれましたら、お気軽にご連絡ください。

 

 

 


……(続きを読む)


ブランディアの工場を見学させていただきました。

毎日1万点が届くという工場。5月の連休に多くの方が整理をされたようで、大量の届いた箱が積みあがっていました。

私も、クライアントさんから「GWで減らしてから片づけに来て欲しい。」と言われていました。

きっとこのような方が多かったのでしょう。

 

 

1日1000箱、1万点が届く。

 

 

オークションサイトで購入されたお客様への配送準備。

 

 

この棚はお財布です。

ブランド別ではありません。受付順で、どのお客様から届いたのかが分かるように番号が振られています。金額が折り合わず戻してくれと言われた時に、すぐに返送するためです。

整然と並んでいますね。

 

 

 

 

 

こちらはバッグ。2階は洋服です。

しっかりとナンバリングがされています。

 

  

 

 

 

 

こちらは、時計やアクセサリー。細かい付属がなくならなように、一覧できる形で収納されています。

今あるモノは、2ヶ月ではけるそうです。循環を2ヶ月で回しているということですね。

 

 

こちらは、エリア分けのナンバープレートです。

9エリアということですね。広い工場内は、まるで迷路のようで、知らない人が入ると迷子になるというのは納得でした。

 

見えずらいのですが、階段の下に大きな扇風機が数台隠れています。夏は、どうしても冷気が上に上がってしまうので、かなり熱いため扇風機で空気を循環させているとのことでした。

工場は、結構されているところがあるのではないでしょうか。特に、商品が山のように積みあがっていると、どうしても空調が効きづらくなります。スタッフ800名(アルバイト込み)いらっしゃるとのことでしたので、健康維持にも関わります。今の安倍政権では、健康・医療戦略推進本部というのがあって、働き方改革の一旦を担っています。健康管理は、企業にとっては必須の時代になりました。

 

最近は、建設業界の体勢が問題になっていますね。東京オリンピックに間に合わすために、安全管理がないがしろにされているようです。現場監督が、法令に沿っていなくても「今までこれでしている。」と言われたなどの報道が見受けられます。職人さんは、辛いから、不安だから辞める。人が足りなくなるので、さらに現場は厳しい状況に追い込まれる。現場の負担が増える。また人が辞める。自殺した人も。。。負のスパイラルになっています。

 

これは建設業界だけに当てはまるとは限りません。一般企業でも、厳しいノルマで法的に問題行動を起こした金融機関社員のことも話題になりました。悪いイメージが払拭されるまでには、長い年月がかかります。食品業界などの不正では、倒産した企業もありました。ここまでくると、コンプライアンス以前のことだと思います。逆に、身内である社員の健康を気遣える会社は、大きく発展していく企業だとも言えます。

 

社員の顔が貼ってありました。どこの部署の人なのか、一目でわかるようになっています。

会社に認められているという雰囲気が伝わりますね。特にアルバイトの人には、有効だと思います。モチベーションが上がりそうです。

 

 

他の企業では、社内改善提案をしてくれた人の内容と顔写真が貼られていたこともありました。

 

どうすれば社内が活性化するのか、一つのヒントになるのではないでしょうか。

 

 

 

 

休憩場所には、リラックマが。

頂き物だそうですが、なんともゆったり感を演出しています。

来館者に始めに見えるところですが、こんな風景があることで、こころがフッと和みますね。

工場は無機質になりがちなので、木のぬくもりは癒しに最適です。

 

 

大量の個人客の品物を扱うので、整理整頓は必須である企業様の取り組みは、参考になる点がたくさんあったのではないでしょうか。

この度は、工場見学および写真掲載をご承諾いただきましたブランディア様に感謝いたします。

ありがとうございました。


……(続きを読む)


読むだけで絶対みつけられる

講演会・イベント担当者 必携!!

 

『この実力講師・講演家 200人情報源』に選ばれました。

ライフプラン・生活に掲載されています。

 

この実力講師・講演家200人情報源


……(続きを読む)


整理整頓コンサルティングをする際に、代表者の方と、まずはお話をいたします。

代表者様の感じている現状の問題点や、今後の課題、オフィスの状態の確認をします。

その後、オフィスチェッカーによる環境診断を、社員全員にwebにて回答をいただきます。

点数で何が何点と明確に出ますし、どこの回答が低かったのかも分析されますので、改善点が見える化され非常に解りやすいです。

 

社員の意識としては、大概の場合、ちょっと汚いよな。くらいなのです。

それが普通の状態になっているので、なかなか改善行動に結びつかないという結果になりがちです。

 

 

オフィス環境診断をして初めての研修では、まずは現状を社員全員に確認してもらいます。

自分たちが回答した結果ですから、また問題提起をしてくれた社員の意見も知ることが出来ますので、周りがどう思っているのか?が明確になります。

 

 

先日、第一回目の研修をしました企業様では、月一全体会議があるのですが、意見を述べ合うという機会にはあまりなっていなかったようです。

社員の意識が、結果として出てきます。これは会社にとって、とても大切なことでしょう。

 

ある大手企業では、働き方改革に沿って社員のアンケートを定期的に取っているようですが、実際に何に活かされているのか社員には分からないようです。

社員に報告がなく、毎回同じアンケートを取られても、職場の改善がされないのでは諦めてしまいがちです。

実際に、「難しいらしいので。」と、ほぼあきらめの境地。

ふとした意見交換からお伝えをしたのですが、

 

「意見を上げてみてはいかがでしょうか?その際には問題の提起だけではなく、こんな解決策を考えているのですが。。。を伝えてください。」

 

これがないと、忙しい本部からは相手にされない可能性があります。

大手だからこその悩みなのですが、本部は多くの支店を抱えているので、大きな問題を抱えているところからしか手をつけないのです。

しかし、それでは改革のスピードが落ちてしまいます。

社員の意識やモチベーションも、アンケートを取られるごとに落ちていくだけです。

 

社員が自分たちで考え、行動する。

 

これが出来てこそ、企業は変わっていくのです。

その意識改革と、整理整頓のスキルを移転していくのが、整理整頓コンサルティングです。

 

実際にどのようなスキルなのかは、オフィス環境診断士2級講座で、基本的なことをお伝えしています。

次回は、6月6日(木)ぽっぽ町田にて開催です。

お申し込みはこちら

7月は12日(金)です。(ハウスキーピング協会の受付は、5/14からです。事前のお申込はお問い合わせください。)

 

オフィス環境診断士1級は、7月27日(土)ぽっぽ町田です。

整理収納アドバイザー2級をお持ちの方は、1級より受講できます。

ご希望の方は、お問合せください。詳細をお知らせいたします。

 

 

 


……(続きを読む)


 

整理整頓コンサルティングのご依頼をいただきました企業様に、オフィス環境診断をした現状分析をお持ちしました。

 

社長様は生産性を上げるために、使っていない材料などを処分するように言われるのだそうですが、従業員が捨てないのだそうです。

 

「これは高かったから。」

「使うかもしれない。」

 

 

よく女性が、クローゼット一杯に詰まっている洋服を処分できずにいる状況と、思考はあまり変わりないようです。

個人宅であれば、個人の責任だけで収まるのですが、会社でこれをしてしまうと、あちこちに問題が発生します。

 

 

そもそも論から言えば、発注を掛ける際に、

どれくらい使うのか?

期間は?

見積はどうしているのか?

ということになるでしょう。

 

お話をお聞きしていると、ほぼ使わない材料らしく、社長が従業員がいないうちに処分されているのだとか。それでも気が付かないというのですから、まさに家庭と同じだなと思ったのでした。

よく奥様方から聞くのが、夫の趣味に関わるコード類。何が何だか分からないくらいに増えているので、定期的に処分される奥様がいます。捨てても分からないからって。(笑)

いえいえ、旦那様は気が付いているのです。「また捨てただろ~!」と言われていたのを何度か聞いています。使用用途を理解していない場合、勝手に捨てたら、また買ってくるだけです。お金の無駄使いです。

会社はどうでしょう。使わない部署の人が、使っている部署に断りもなく処分すれば、先の家庭と同じです。

ただし、使わないモノを放置しているのであれば、そのこと自体が、お金の無駄になるのです。

 

 

在庫となって保管するには、コストが掛かってきます。

その材料を置くスペース。

置くスペース自体に、コストが掛かっています。賃貸であればそのスペースにお金を払っていると認識しやすいのですが、自社ビルであったり、自社の所有地であると、目が届かないコストになりがちです。でも確実にコストは掛かっています。固定資産税は、必ず払わなければならないからです。

 

使わないモノであれば、もっと日常使うモノを多くストックすることができます。発注回数が減れば、発注に使う時間や送料が減るでしょう。

材料にもよりますが、金属であれば錆びないように保管する必要もあるでしょうし、それなりの手間がかかるはずです。

全部処分するのが不安なら、数を減らして省スペースにするということも考えられます。

生産性を上げるという面からも、保管スペースが無駄に広くとられているというのは問題でしょう。

 

職種によると思いますが、美容院経営をしている企業様が、古いポスターを捨てられないと言われていたことがあります。

お得先の美容院によっては、同じポスターが欲しいと言われることがあるからだそうです。商品を次ぎ次ぎと開発していくので新しいテイストのポスターが作られるわけですが、古い商品を使い続ける取引先もいて、以前のポスターがいいと言われることがあるとのこと。取引先経営者の好みが関わってくるのです。

家電製品を考えると分かりやすいと思いますが、部品を確保しておく期間というのが、各メーカーで決まっています。たいがい10年経てばないですね。Bto Cの場合と、B to Bの場合では期間が異なると思いますが、どちらにせよ保管する期間を決めておくことが必要になります。欲しいと言われるかもわからないモノに大きなスペースを長年割くというのは、やはり止めたいものです。

 

結局はルールづくりが大切になってくるわけですが、そのためにも、コミュニケーションは大切になってきますし、なぜ処分しないことが会社にとって迷惑になるのかという点を、従業員に理解させる必要があります。

初回の研修は、会社の現状分析結果と、整理についてお話をしようと思っています。

 

 

 


……(続きを読む)


 

 

  • オフィス環境診断士2級講座について

 オフィスにおける基本的な “整理の考え方”、具体的な “整理の方法”、実践的な “収納のコツ” を、事例を交えて学び、自分の職場に存在する業務のムダに気付き生産性の上がる職場に変えていく方法を学びます。整理収納アドバイザー2級同等資格講座になります。

 また、オフィス環境診断ツール「オフィスチェッカー®」と「わけるとわかるわけるくん®」を実習で使うため、気づきと改善をわかりやすく学ぶことが出来、明日からすぐに実践行動に移せます。

 オフィス環境診断士1級を続けて受講することで、整理収納とオフィスの関係を、より理解することが出来ます。

 「オフィスチェッカー®」は株式会社平善の特許及び登録商標です。「わけるとわかるわけるくん®」は関美恵子氏の登録商標です。

 

  • オフィス環境診断士2級を取得すると

 社会人として必要な整理整頓の基礎知識が身につきます。

 自分の職場環境の現状に気づくことが出来ます。

 自分の職場環境の問題点を解決する方法が見つかります。

 分類ワークを通じて職場における組織力の上げ方を学ぶことが出来ます。

 結果として自分の職場環境が改善され快適に仕事が出来るようになります。

 整理収納アドバイザー1級予備講座の受講資格が得られます。

   オフィス環境診断士1級の受講資格が得られます。

 (整理収納アドバイザー2級同等資格)

 注)整理収納のコンサル業務には整理収納アドバイザー1級資格が必要です。

 

  • このような方におススメです。

 新入社員研修として整理整頓の基礎を学ばせたい企業

 社員向け5Sの導入研修を検討している企業

 オフィスにおける生産性の向上を図りたい企業

 快適なオフィス環境を作りたいと考えている企業

 自社の職場環境の問題点が不明確な方、又は企業

 オフィスを対象にした営業をされている方、又は企業

 将来的に整理収納のプロを目指している方

 注)外部コンサルを目指す方は上位資格が必要です。

 *企業、団体向け出張研修も可能ですのでご相談ください。 

 

  • 受講料   32,400円 税込 

      テキスト持参者は 30,900円

 

  • テキスト

 整理収納アドバイザー公式テキスト「一番わかりやすい整理入門」

 &「オフィス環境診断士2級ワークブック」

 

  • 受講資格:どなたでも受講できます。(日本語が理解できる方)

 

  • 認定証:受講後約1ヵ月で郵送いたします。

 ※受講後1ヵ月を過ぎても認定証が届かない場合は、協会にお問い合わせください。

    ※受講後2ヵ月以上過ぎての未着のご連絡は、紛失扱いとなり有料となります。

 

  • 資格有効期限:なし ※更新の必要はありません。
  • 最少催行人数:2名

 

  • 講座についての注意事項

・講座の4分の1以上の遅刻または早退をされると、資格認定されませんのでご注意ください。

・テキスト及び資料は講座受講時に配布いたします。

・個人情報保護の観点から、録音や録画はお断りしております。

・最小催行人数に満たない場合、開講中止になる場合がございますので、予めご了承ください。

 

講座日程: 6月6日(木)  9:30~16:30

      7月12日(金)9:30~16:30

      8月8日(木)  9:30~16:30

会場:ポッポ町田 会議室3(小田急・JR町田駅徒歩3分)

6/6 お申込みはこちら 


……(続きを読む)


 

4月19日13:30~ 新宿デュオセーヌサロン様にて、終活セミナー開催です。

毎回ご好評をいただいています生前整理のセミナーですが、今回はエンディングノートの活用法第2弾です。

ファイナンシャルプランナーでもある藤岡聖子が、ライフプラン、資産、ラストプランの3つについてエンディングノートの書き方と重要点をお伝えいたします。

使うエンディングノートは、エンディングノートの老舗でもあるNPO法人らしさの『ら・し・さノート』をお渡しいたします。

 

エンディングノートは、お葬式のことだけを書くのではありません。これからの自分の人生を見つめ直し、新しい出発にしていくためのツールです。

また、家族への愛を伝える役割も大きいのです。

ご興味のある方は、新宿デュオセーヌサロン様にお問合せください。

フリーダイヤル:0120-692-393

 


……(続きを読む)