トップページ > ブログ

事務所の整理整頓は、どこの企業でも気になるところです。
特に1代で大きくした企業は、創業者の目が行き届かなくなっていきます。
今までご自身で全部網羅していただけに、部下に任せられるかどうかも重要な部分になってくるでしょう。その際に気にされるのが、コンプライアンスです。
書類の管理について、社員の問題意識とのズレを感じてくる経営者も少なくないでしょう。

 

こんなことはないでしょうか?

 

 

デスクの上に山積みになった書類。
外部の人間が入ってこないからと、懸案事項を他部署の誰にでも目に出来るところに放置する。

 

まだ決定事項ではないよね!
なぜ他部署の人間が情報を知っているのか?!

 

経営者の心の声。
社員の意識に、不安が滲みます。

 

手形をデスクの上に置いたまま離籍するという、ありえない話も聞いた事があります。
お金と思っていないのでしょうね。そこに現金が2000万あったら、どう対処するのか、想像ができていないのでしょう。ここまでくると、知識の問題というよりも、イメージが作れないことの方が、より大きな問題だと感じます。それは仕事の全てにおいて、関わるからです。

 

お客様を見ていると、空間の認識能力が少し欠けている方を見かけることがあります。収納場所はすでに一杯だと言われるのですが、空きがあることがあります。空間認識がネックの場合は、案外簡単です。
職業柄、空間認識能力はあるので、使いやすく設定して差し上げると、お客様は散らかった状態にはならずに元に戻すことができるようになります。

企業でも、いろんなタイプの方がいらっしゃるので、「誰にでも、どこに何があるのか分かる。」仕組みを作ることが大切になります。

 

平積みの書類のままでは、必要な書類を探すことさえ ままなりません。
未決・既決の箱は平積みでいいのですが、プロジェクトのファイルは、立てておくのが基本です。

複数の人間が関わるなら、関係ある者がいつでも情報を取り出せる仕組みも必要になってきます。
個人で保管していると、勝手に人のデスクを開けることもできないので、必要な時に他の関係者がその情報を取り出せなくなります。そのため、各個人が同じ情報を手元に置いていることも少なくありません。その情報のスペースは、ムダなスペースです。たった一つを共有できればいいのです。
他部署に知られると困る情報なら、鍵のかかる棚に収納する必要もあるでしょう。それによって企業コンプライアンスが守れるのであれば、難しいことではないはずです。ただそこには、元に戻すという意識が必要になります。

次回に続く


……(続きを読む)


日銀が、3月の企業短期経済観測調査(短観)を発表しました。

 

それによると、大企業・製造業の業況判断指数(DI)が2四半期連続で改善するなど、景気の回復基調が続いているとのこと。景気が良くなるのはいいことですが、それに伴い人手不足も鮮明になってきて景気の足かせになる懸念もでています。すでにヤマト運輸などは、人手確保のために宅配の時間を見直すなどの対策をとっているのは周知のとおりです。

 

 人手不足を補うには、女性や高齢者の活用が欠かせなくなります。でなければ、外国から人手を受け入れる必要があり、介護現場などでは8年前から試行錯誤が始まっています。しかし、看護師試験は日本語のためハードルが高く、母国では医療に従事しているにも関わらず日本人が90%の合格率なのに外国人は7.3%に留まっているのが現状です。外国(インドネシア・フィリピン・ベトナムとの提携は、元々日本で従事するために始まった制度ではないと政府は言っていますが、実際は人手不足を看護師候補者で補っているということでしょう。

 

 人手不足は介護現場に限りません。コンビニでも外国人が対応しているのは、日常の風景となっています。住宅関連では、震災復興・東京オリンピックなどの需要も重なり、職人の確保ができずに工期が延びてしまうこともあります。個人宅のリフォームが順調に伸びていますが、その間引っ越し先の家賃が余計にかかるということも少なくないようです。

 

 

 企業が人を集めたいという目的の1つには、経営する上で好機を逃さずに製造販売をしたいというのがあります。需要があるにも関わらず、フル生産でも追いつかないという企業があるからです。

ドローンに象徴されるように、ロボットで人手不足対応の省力化・合理化投資などに資金を投下する企業も、ますます増えていくでしょう。企業にとってはいいことかもしれませんが(仕方なくという企業もあるかもしれませんが)、広がっていけば人が働ける場がなくなっていくことにもつながります。

 

 そんな大きな投資をすることができるのは、大手企業。中小企業は、なかなか難しいのではないでしょうか。設備投資を最小限にし、今ある人材のフル活用を考えるならば、職場環境が本当に働きやすいかどうかを見直す必要があると思います。

 

 

デスク周りが雑然として、日々探し物をしている社員はいないでしょうか。

 

時間という貴重な資源をムダに使っていないでしょうか。探している時間も、お給料は支払われています。

 

在庫管理がしっかりできていなくて、誤って仕入れをしてしまったということはありませんか?

 

その分倉庫代が余分にかかってしまいます。スペースにはコストがかかっています。そのコストは、どの部署が負担するのでしょうか。消費者に転嫁するのはたぶん難しい時代でしょうから、会社の負担になってしまいます。どうして間違ったのでしょう?管理体制の甘さ、書類の整理ができていないからではないでしょうか。意識の高い低いは、周りの環境が大きく作用します。

 

 人が集まったとしても、その人が一人前に育つには時間がかかります。その間、現社員の負担は人材教育に時間が割かれ、仕事効率が落ちます。ちょうど4月は新入社員が入って、教育係を多くの方がされているでしょう。

 

 もし雑然とした職場であるなら、モノの置き場についても、本来は一言で済むことが複雑な説明になっているかもしれません。環境は頭の中と同じ状態なので、説明している人の言っていることが、新入社員の理解に及ぼす影響もあるかもしれません。そこも時間的ロスにつながっています。

 

 

 引継書があると思いますが、そこに書かれていることは煩雑になっていないでしょうか。分かりずらい所以が環境のせいだということもあるのではないでしょうか。スムーズに流れるように仕事が捗るのが理想です。そのための設計はされているでしょうか。個人任せでバラバラの基準になっていないでしょうか。会社としてのルールは徹底されているでしょうか。そもそもルールはありますか?なければ勝手に処分できないので、書類は溜まっていく一方です。

 

効率を求めるのであれば、整理整頓は欠かせません。人材確保が難しければ難しいほど、

・どこに何があるのか明確であること

・出し入れするための最も最短場所に収納されていること

・誰もがその場所を知っていること

ここだけを改善しても、かなり効率が上がることになります。

 

 

 人が増えた時も、理解しやすいので職場になじむのも早いでしょう。人間は、環境によって気分が変わるものですから、心地よい職場には人が定着しやすいのです。社員の定着率が悪いのは、仕事のせいだけではないのです。人間関係も、スッキリした職場の方が何故か風通しよく思えます。それは頭の中の風景が関わっているからです。自然の中にいると気持ちがよいと感じるのと似ています。

 

 生産現場では5Sが当たり前になりましたが、事務に関しては書類のムダを省こう(ファイリング)ということ位しかされてきませんでした。その書類も、本当に必要なモノだけになっているのか見直す必要があるかもしれません。法定年限ごとに保存しているのか、いらないメモは一緒に保存されていないか、法定年限が過ぎたモノは溶解処分されているのか、様々な検証をするだけで、今までコストでしかなかったスペースが有効活用できる場として表れてきます。

 

たかが整理整頓、されど整理整頓。

年度末の忙しさが収束した今だからこそ、見直す価値があると思います。

 

 新入社員の素直な意見に耳を傾けるのも、一つの方法であろうと思います。新しい『目』は普段気が付かずにいることに焦点を当てることができるからです。だからこそ、外部のプロの目を入れることで、社内状況が変わり、社員の意識が変わり、効率アップ・収益向上につながるのだと思います。


……(続きを読む)


調剤薬局の整理整頓コンサルティング

 

三寒四温の昨今、体調を崩されている方も多いようです。

インフルエンザは下火になったものの、

風邪で病院に行かれる方、花粉症でかかられている方など

調剤薬局では、日々忙しい毎日をおくられています。

そんな中、整理整頓コンサルティングをお申込みいただきました。

 

お客様が少なくなる土曜日の午後遅めのお時間でしたが、

お客様の対応をされながらの、お困りのところや問題点の洗い出し。

 

ジェネリックが普通になってきたため、今までの薬+ジェネリックとなり、

2000種もの薬を管理しなければなりません。

周りに医院が増えたこともあり、今まで扱っていなかった科の薬も増えました。

棚を増やそうかとのお話しがありましたが、狭い限られた空間には難しいですね。

 

一番考え直さなければならないのは、ムダに使っている空間をなくすこと。

・事務系の部分の使い勝手の見直し

・スタッフの鞄置き場

・身支度をする場所の確保

・店舗部分の顧客の動線とリスク管理

他のものを移動させることが、今ある薬棚を有効活用することにつながります。

 

今回はコンサルティングだけでしたが、

実際に移動してみた方が早いので、実際に事務系部分の手直しとバックヤードの見直しを少ししました。

バックヤードでは、クリーニング済みの白衣の場所を移動することにより、スタッフの鞄置き場を確保することができました。

お着換えの場所も提案することができ、あとは鏡を設置すれば身支度も整えることができる空間が作れます。

 

店舗側では、昔活用していた棚を別なものに変えることによって、薬を取りに来られた患者さんで溢れる空間に、新たに予備の椅子を設置する空間を作ることになりました。

他にも、患者さんが待ち時間を少しでも快適に過ごせるようなご提案をさせていただきました。

 

保管書類については、10年を期限として処分していただくことにしました。

基本的に見ない書類は、法廷年限まで保管しておけば問題ありません。

見直しはしていかないと、空間の有効活用が難しくなります。それにより、普段の仕事に支障がでるのであれば、面倒であっても手をつけなければならないということになります。

 

何をすれば、一番貴重な調剤と顧客対応をする時間を短縮して、早くお薬を具合の悪い患者さんにお渡しできるのか!

そこを考えるのが大切なところです。

 

調剤の時間がかかれば、「後でお持ちします。」と丁寧な対応をされている薬局さん。

しかし、後でとなると、当然自分のプライベートな時間が減ることになります。

ストレスを減らすことが、ミスを犯さないことにつながるお仕事だけに、要注意です。

薬剤師(経営者含む)の体調を整えることが、何よりも大事なお仕事であると意識することが大切でしょう。

 


……(続きを読む)


横浜T-キューブ・スタイル 横浜T-キューブ・スタイル

【横浜】
◆4月23日(日) アートフォーラムあざみ野 10:00~17:00
◆5月27日(土) アートフォーラムあざみ野 10:00~17:00
保育あり(子供の部屋)
アクセス

お申し込み

【東京都港区】
◆4月26日(水) 麻布十番サロン(麻布十番駅前)
◆5月24日(水) 麻布十番サロン(麻布十番駅前)

お申し込み

【カルチャースクール】
日本橋三越 5月30日(火) 10:45~17:45


……(続きを読む)


『選ばれる企業へとサポート!整理整頓で変わる社内環境』

 

9日に行われました、横浜IDEC企画の女性起業家支援事業ベンチャーピッチ。

今回は3回目とのこと。

出場者は8名。

なんと、私がトップバッターで発表をさせていただきました。

 

発表順

(1)橫浜Tキューブ・スタイル 藤岡聖子

(2)からだそだれルームここあるき 佐藤有紀様

(3)Humming bird 大森順子様

(4)アオバ住宅社 齋藤瞳様

(5)スマート・ウィメンズ・コミュニティ 東みちよ様

(6)ハッピーマザーミュージック 鈴木美美子様

(7)Seize The Day 小谷奉美様

(8)パッションフラワーサロン 田中早苗様

 

藤岡 聖子のタイトルは

『選ばれる企業へとサポート!

整理整頓で変わる社内環境』

 

オーディエンスは、会社の社長様や金融機関の方々、個人事業主(中小企業診断士等)。

トップの役割としては、この企画を盛り上げるというところもあると思うので、

元気に話すことを心がけました。

 

5分プレゼンと10分の質疑応答からなっています。

5分というのは本当に短いです。

1月にもスター講師誕生でトライしていたので、その短さは分かっていました。

一度練習会に参加してフィードバックをいただいたこともあり、開始前から支援者である中小企業診断士さんから

「期待していますよ!」と声をかけられました。

ブラッシュアップした内容も事前にご覧いただいていたようで、「スッキリしましたね。」と。

 

 

工場などは5Sが当たり前になっていますが、ホワイトカラーはどちらかというと、周りに右に倣えの傾向があります。

周りが残業をしているなか、自分だけ先に帰るというのは憚られる日本。海外であれば、残業は能力が劣っているからと捉えられがちですが、日本は違いますね。

 

どうしたら企業として効率が上がるのか!?

これからの日本の課題の一つでしょう。

一番手の付けやすいのが、環境整備です。

雑然とした環境では、欲しいモノがすぐに見つからないという現象が起きます。

社員全員が同じように、毎日毎日探し物をしていたら、一体どれくらいの時間のロスをしているのでしょうか。

そこは事業案内に載せていますので、そちらをご覧いただきたいと思います。

ただ、5分で探し物が終わるかというと、はなはだ疑問です。

 

「あれ、どこいったっけ?あ、あったあった!」

これだけで20秒くらいはかかっています。下手をすれば10分、15分はあっという間。

それを何回繰り返しているのか。

書類が山積みであれば、その1枚の書類を出すまでにどれくらいの時間を要しているのか?ということです。

時間がない。忙しい。

そう言っている人ほど、ムダな時間を使っているかもしれません。あなたの周りにも、そんな人はいませんか?

なぜ金融機関の方が興味を示すかというと、そんな企業が多いからだと思います。

 

 

環境は頭の中と同じです。

風景は職場の風景だけでなく、頭の中の風景。

もっといえば、こころの中の風景とリンクしているのです。

ここは、個人であろうが、企業であろうが同じです。

 

気持ちがスッキリしていれば、部屋はスッキリしています。

モヤモヤしていたり、ストレスを抱えていると、だんだん散らかってきます。

そして、ごちゃごちゃになって、探し物が増え、何をどうしたらいいのか分からなくなります。

当然、判断力・決断力もおちます。

 

 

ライバル会社に一歩遅れたというようなことはありませんか?

一番に提案していたなら、採用されたかもしれない同じような提案。

同じなら早い方が圧倒的に決まる確率が高まります。

熟考して提案するならば、ライバルを上回るアイディアが必要になるでしょう。

しかしながら、同じ提案さえ遅くなるのであれば、それを上回る提案を考えるまでにかなりの時間を要する気がします。それくらい、頭の回転が遅くなりがちだからです。

 

環境の良し悪しが関わっているとしたら、膨大な損をしていることにならないでしょうか。

それくらい、環境は頭とこころに負荷をかけているものなのです。

 

5Sは、始めは安全管理から生まれたものですが、事務系であってもそこは同じであろうと思います。

昨今はコンプライアンスが叫ばれていますし、実際に自分もクレジットカード情報がある企業から漏れた可能性があると連絡をもらったことがあります。リスク回避のため、カード自体を破棄しました。メインカードを考え直すいいきっかけにはなりましたが、元のカード会社さんにしてみれば、まったく関係ないところで契約を切られたわけです。

 

企業様の研修をお受けしていますが、ある企業様で、どんなことが社内で起こっているのかお聞きしたことがあります。

一番ビックリしたのは、手形を机の上に置いたまま離席するということでした。

 

手形を紙扱いしているなら、個人情報はどんな管理がされているのか不安ですね。芸能界関連の企業様でしたので、実際に商品としているのは『人』です。殺人事件なども起きる昨今、アイドルの情報を流してしまっては何が起きるかわかりません。その不安から研修のお声をかけていただいたのです。

 

情報も書類も物も、正しい管理をしていないと、大きなしっぺ返しがきます。

ベネッセもその一例でしたね。リスク管理をしていないと、膨大な費用と信用失墜という痛い目にあいます。そこから起死回生できたベネッセは凄いですが、子供が小さい時に取ったチャレンジの情報をまだ持っていたのか!という驚きは忘れません。もちろん情報は消去していただきました。負の事って忘れないものなんですね。

モノや情報管理は、社員全員に徹底させるようにしたいものです。

 


……(続きを読む)


柏市にて開催されました、マンション販売のための子育て世代向けセミナー

『ラクラクお片づけ・お部屋づくりで家族もHAPPY!忙しいママのキッチン収納術』

主催者は株式会社フージャースコーポレーション 様です。

アズママとのコラボ集客で、定員を超えて盛況に終了いたしました。

ラクラクお片づけ・お部屋づくりで家族もHAPPY!忙しいママのキッチン収納術

お子様をお預かりするシステムが好評で、お子様たちも楽しく遊んで過ごしていました。

子育てママが自由に学べる時間は、私自身も子育て期に嬉しくて参加していた記憶があります。

 

今回はキッチン収納術として、どんなキッチンが自分の生活にマッチするのかを考えていただきました。

 

 

暮らしはお一人お一人違うものです。

どんな暮らしをしたいのか?を頭に描いているかどうかで、実際に住まわれた時の満足度が格段に違います。

 

現在お住まいのキッチンが効率的なのが分かったので、

「新築する場合は同じような配置にしたい。建築士に伝えます!」

そう言われてお帰りになった方もいらっしゃいました。

 

このような気づきが起きることは、とても大切です。

家全体がそのように考えられれば、新築した後に後悔することがなくなります。

そういう方がお一人でも多くなればと思い、日々お伝えしていきたいと思っています。

 

 


……(続きを読む)


労働生産性の国際比較 2016 年版 が公益財団法人 日本生産性本部より発表されている。

それによると、日本の生産性は世界で22位。
ギリシャの21位より下。

(労働生産性とは、投下した労働量(労働時間の量や時間によって算定)とその結果得られる生産量の割合。)

 

ギリシャは失業率が高く、投入される労働人口が低いため日本より高くなったようだ。

ロボットを入れれば生産性が上がるということになるが、
日本は従業員数が多いため、つまり雇用されている人数が多いので労働生産性は低く出るということになる。
しかし、世界で競争していくには、やはり上げなくてはならないのが実情だろう。
AIが進むのは、もう目の前だからだ。

 

雇用を守りつつ、いかに労働生産性を上げるかということでいけば、
やはりムダな時間をどれだけ減らすことができるかになる。

ムダな時間の最たるものが、探し物である。

 

工場では5Sが進んでいるが、ホワイトカラーはどうだろうか。
以外にデスクでの探し物は多そうである。

 

山積みの書類
使わないペンや文具類が、引き出しを占領
私物の混入(デスク内外)
共有物の明確化の不徹底

 

在庫管理もあいまいだったりしないだろうか。

 

在庫管理については、AIを入れて時間短縮をしている店舗もある。
人間が一つ一つ数を確認する棚卸の時代は去りつつある。

いかにムダな時間を短縮するかで、生産性はまだまだ上がる余地がある。

探し物という時間のムダについては、事業案内の方を見ていただければと思う。

 

日本の労働政策が高い企業は、1位フ ァナック 2位 富士重工

ここもロボットや外国人雇用などでトップに挙がっている。
やはりロボットは必須の時代になってきているということのようだ。

 

人間ができること、人でなければできないことは何か?
人が楽になるということもいえるが、富の集中を考えると、いわゆる労働者階級の生活がどのようになるのか、日本政府の舵取りが注目される。

 

 

ムダな時間、お金を省く研修を承っております。

オリジナル研修も可能です。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

 


……(続きを読む)


IDEC 女性起業家ベンチャーピッチ

3月9日(木)13:30~16:30
TKPガーデンシティ横浜 ホール6Bにて開催
 (横浜市神奈川区金港町3-1コンカード横浜)

プレゼン5分で、事業PRをさせていただきます。
ブース展示ではチラシをお配りいたします。

プレゼンテーションの順番は、5番目となります。
地球環境を良くするために、企業様の整理整頓への意識が高まりますよう、お伝えいたします。

参加費無料ですので、少しでもご興味をお持ちいただけましたら、ご参加ください。
後で交流会もありますので、お気軽にお声がけをください。
お待ちしています。


……(続きを読む)


エンディングノート

エンディングノート

LIXIL  HOME PAD連載の防災コラム。

助かった後に役立つエンディングノート活用術

今回4回目、最終回となりました。

 

■エンディングノートは非常時に活躍する

【親戚・知人・友人の名簿】

【金融資産】

【健康保険証と病気・薬事情報】

【保険】

 

これ以外にも、エンディングノートの活用法はあります。

今回は防災という視点で書いたので、エンディングノートの一部のご紹介となっています。

 

知的障がいのある子供さんの場合にも、有効なのが親なき後のハンドです。

 

なかなかご存知のない方が多いと思いますので、お知り合いに教えてあげてください。

お問い合わせは、NPO法人ら・し・さまで。

 

助かった後に役立つエンディングノート活用術


……(続きを読む)


家

家

間取りプランナーという資格を取りました。

昨日2級を受講し、3月には1級を取ります。

 

間取りというと、住宅設計にはかかせないものですが、

建築士さんは、いかに住む人が心地よい、使い勝手のよい家にするのか?

ということは、学ばないそうです。

 

構造計算など、建物としての強度は問われるけれど、カビが発生しても法的に問われることはない。

 

 

ちょっと衝撃!?

 

 

建築法等学ぶので、頭はそれだけで一杯なのだそうです。

そのため、施主の暮らしには無頓着で、「こんな感じでいいんじゃない?」

となるらしい。

「使いやすい、住みやすい家を考えているわけではない。」(過激!?)

現建築士が言うのだから、間違いないのでしょうね。

ちゃんと考えている建築士さんも勿論いると思いますが、それが施主の暮らしに合っているかというと違うということのようです。建てた家に満足できていない人が86%だといいます。実際、ネットで後悔していることに、間取りが2位になっていました。ということは、施主の多くが、自分に合った間取りを提供してもらっていないということです。

 

言われてみれば、確かに姉歯元1級建築士は犯罪者として法的に裁かれましたが、

新築住宅にカビが生えたからと言って、法的に罰せられたという話は聞かないですね。

新築途中でカビたとしても、修復すればいいことになっています。(瑕疵担保責任)

施主は、嫌だからと引き取り拒否はできない。となっています。

違約金を払えば契約解除できるけれど。。。

何も、好きで契約を解除するわけではない。一生に一度の大きな買い物だからこそ、夢をもって建てているのにね。

 

間取りプランナー

 

そういえば、知人の新築祝いで見た家は、2階と1階の通し柱がずれていました。

20代の素人が見ても分かるくらい、カクッてズレていたのです。

「もう直らないんだって。。。」

泣くに泣けない。

構造にも関係があるのではないだろうかと思いましたが、引き渡されてしまっていたのです。

 

 

小さな工務店の話ではありません。名の通ったハウスメーカーです。

こんなことがまかり通っていた業界。かなりの年数が経っていますが、今はどの程度変わっているのでしょうか。

そうそう、カビが生えるハウスメーカーっていうのもあるらしいです。家を建てる前に、しっかり口コミなどチェックしておいた方がよさそうですよ。知っているハウスメーカーだからというのは、避けておきたいですね。新築満足度を見ても、ここは出てきません。さすがに新築からカビだらけというのは、そうそうないですからね。数年たってからのレスを探してみるといいと思います。

 

 

さて、間取りに戻りますが、

住む人にとって、間取りは生活に大きな影響を与えます。

毎日暮らすのですから、ストレスがかからない仕様がいいわけです。

このくらい大丈夫。。。

そう思っていても、数十年先を考えてみると、足腰が弱くなり、膝に痛みが出たり、身体が動きづらくなった時に、どれだけ負荷がかからない住宅であるか?ここは大きいのです。

単純な分かりやすい例でいうと、車いすになった時に、その廊下で通れますか?回転できますか?(間取りプランナー2級では出てきていないです。)

 

 

子供が大きくなった時に、その部屋はどう使いますか?

子供はいつまでも小さくありません。

親はずっと今の生活が続くような気がして子供部屋を考えますが、

実は夫婦二人の生活の方が、何倍も長いわけです。

リフォームできれば問題ありませんが、今の日本の経済状態でいくと、リフォームができるかどうかも分からないですよね。一番確実なのは、将来の生活設計も見通して間取りを考えるということだと思います。

ここは、たぶん1級の内容だろうな~。

 

 

今まで家の中だけを考えていましたが、外回りも重要だということが分かりました。

駐車場の位置により、ストレスのかかり具合が違います。

車を入れる方向もありますね。それにより、危険度が違ってくる。

田舎の広い土地に止めるのならいざ知らず、都会の限られた敷地で駐車場と家の間取りの優先順位は変わってきます。でも事故を起こしやすいと分かっていたら、他の選択肢があるかもしれません。

 

住む人にとって快適な場所というのもあります。

ここは風水で見れるので、なぜ夫がリビングでなく寝室でTVを見るのか?という疑問が解けた奥様もいらっしゃいました。自分を嫌いなわけではない。そう解っただけで優しくなれるものです。(笑)

 

長くなってしまいましたので、これくらいで打ち止めにします。

 

一般社団法人 日本間取協会


……(続きを読む)


1 2 3 5