トップページ > コラム

企業様の研修にも使われている整理収納アドバイザー2級認定講座。 住宅関係のショールーム顧客対応、営業、設計などの方にとって、 一般顧客の「モノが多い」という悩み事にどう答えるか? は、なかなか厄介なものです。   その方がどんなモノを持っていて、どのように暮らしているのかは、 話の中から想像するしかないからです。 しかし、収納の悩みは、元をたどれば整理が行き届いていない事に…… (続きを読む)

穏やかな日が、年明けから続いています。 週末には、冬らしい寒気が入るようですが 心穏やかな日々が送れるのも、天候の良いことがあげられます。 2017年は、災害の少ない年であって欲しいと願っています。     「こころの文化」でモノに関わることでいうと、「もったいない」という言葉になるでしょうか。   「もったいない」から捨てられない。 「もったいない…… (続きを読む)

2016年も終わりに近づき、「もう1年が終わるのか」「年々早くなる」そんな感想をお持ちの方も多いことでしょう。子供時代は、ただただ集中して物事を進めるために(単に楽しんでいるだけかもですが)、時間という時空を飛び回っています。そのため満足感も高く、充実していることが大人より多いのかもしれません。 ある程度人生を過ごしてくると、人生の先が見えてくることがあります。このままの延長線上でいけば、中…… (続きを読む)

  LIXILが運営しているHOMPAD 住まいの達人コラムに4週連続で掲載されます。 テーマは防災『命を守る防災の備えは、整理収納の極み』 12月28日第1回は、『暮らしの防災を考える』です。   災害は、自然災害だけではない。 防災・減災というと、日本だけの災害を思い浮かべがちですが、 世界規模で考えていくとテロも視野に入ってきます。 特に東京オリンピ…… (続きを読む)

転勤族だった頃、夫は2週間で現地に赴任。引越先を決めるのも、引越の準備をするのも一人でこなしてきました。引越すたびにモノの仕分けをし、必要なものだけを詰め込み、家具配置を想定して段ボール箱に引越先の部屋を記入し、新居でまた元に戻す。ということを繰り返してきました。 しかし、一か所に定住すると、自然とモノは増え始めます。そんな時に出会ったのが、整理収納アドバイザーという資格でした。その理論は、左脳…… (続きを読む)

10月始めに、株式会社AKS様に伺いました。 10月入社の新入社員研修のためです。   たくさんのタレントさんを抱えている会社です。 グッズやCD、DVDもたくさん作成していますし、 同じように書類もたくさんあります。 書類に関しては、どの会社も同じだと思います。 新入社員研修では、書類の整理収納がメインで、プラス モノのお話もいたしまし…… (続きを読む)