トップページ > ブログ

穏やかな日が、年明けから続いています。

週末には、冬らしい寒気が入るようですが

心穏やかな日々が送れるのも、天候の良いことがあげられます。

2017年は、災害の少ない年であって欲しいと願っています。

 

 

「こころの文化」でモノに関わることでいうと、「もったいない」という言葉になるでしょうか。

 

「もったいない」から捨てられない。

「もったいない」お化けがでる。

 

どこからきた言葉でしょうか。

元々は勿体という仏教用語からきています。

辞典で引くと、1 外見や態度の重々しさ。2 態度や風格。また、物の品位。と出ます。

 

勿体 が 無い ので、「妥当でない」「不届きだ」

もったいぶって・・・のような使い方をされています。

そこから転じて、「自分には不相応である」、「ありがたい」「粗末に扱われて惜しい」となります。

 

 

戦後、物のない時代に、モノがないから大切に使おう!

という意味で、もったいないという言葉が定着していったと考えられます。

 

物の本来あるべき姿がなくなるのを惜しみ、

嘆く気持ちを表しているとも言われていますので、

本来の目的にあった使い方をしていけば、その物は使命を果たせるということになります。

 

現代の物余りの状態は、モノにとっても、扱う人にとっても

やっかいな事になっているようです。

遺品整理の話は、よく聞きます。

子供世代が、親のモノの処分に困っているというのが実態です。

 

 

そのモノが、使われているのか?

大切にされているのか?

 

本人が大切にしているのか?

所有していることで安心感をいだいているだけなのか?

 

考える時期に入っています。

特に介護の入った世代では、これから親のモノを

どうすればいいのか迷っている方が多いです。

勝手に処分できない。

けれど、自宅に戻る予定はない。。。

 

 

今は、量から質への時代の移行期です。

早く気づいた方が、次世代の負担を減らすことになります。

そして、本当の自分の人生を生きることにつながるのだと思います。

 

燕市で80歳の方のお祝いをしていました。

80ではまだまだ元気、現役で過ごせる方々が増えていますが

平均寿命ではなく、健康寿命が延びていく時代になってきたのだな~と

映像を見ながら思うのでした。

ぜひ、この方々が、幸せ空間で2017年を過ごされるように、

幸せ空間にいることで、病などにならずに過ごされることを願っています。


……(続きを読む)


横浜T-キューブ・スタイル 横浜T-キューブ・スタイル

【横浜】

◆1月19日(木) アートフォーラムあざみ野 10:00~17:00  終了

◆2月26日(日) アートフォーラムあざみ野 10:00~17:00  残席6名

◆3月16日(木) アートフォーラムあざみ野 10:00~17:00

お申し込み 

アクセス

【カルチャースクール】

◆1月29日(日) テラスモール湘南 JEUGIAカルチャー 10:30~17:30

◆1月31日(火) 新宿 伊勢丹会館 10:30~17:30
お申し込み:03-3352-8711

お仕事関係のお客様の声はこちら


……(続きを読む)


青く美しい地球を
次世代の子供達に手渡していく 地球
整理整頓コンサルタント藤岡 聖子です。

 

年が明け、2017年の始まりです。

氏神様にお参りしてきました。

 

世界で自国主義が広まっているなど、激動の年が続きそうです。

70年以上戦争がない国、日本は世界でも珍しいのではないかと思います。

今でも、世界中で戦争が行われています。

近隣諸国からは色々と言われる日本ですが、

現在平和国家として歩んでいることに、誇りを持っていてもいいのではないかと思います。

それくらい、平和であることが大切な時代のように感じます。

 

日本が世界に貢献できることの一つとして、文化があります。

昨年も和食を始め、多くの日本文化に注目が集まりました。

その一つに、「こころの整理」があります。

 

モノのオーガナイズというのは、アメリカが先進国です。

専門分野が分かれていて、冷蔵庫専門、ガレージ専門のように

片づけの細分化がされています。

しかし、そこにはモノだけを見ることで進められていました。

 

日本は、こころの文化です。

茶道、花道を始め、香道、柔道、剣道と「道」がつくものが多くあります。

 

「道」に終わりはありません。

ひとり極めるまで、その方向に向かって精進する。

そんなイメージでしょうか。

 

片づけ・整理整頓も、ただモノを移動したり処分したりするのではなく

モノの命を活かすには?とか

モノに感謝をする。 など

こころを通してモノを見ていることがわかります。

 

モノの命を全うするには、どうしたらいいのか?

ただ捨てるだけではない、なんらかがあるのではないか?

そんな想いをもっている人が多くいるのも、日本人ではないかと思います。

その想いは、個人だけでなく企業でも根付いています。

個人の集合体が企業ですから、当然といえば当然です。

 

では、それがいいことなのか?

というと、考え方によって道が2つに分かれているようです。

そのことも、少しづつ書いていきたいと思います。


……(続きを読む)


横浜T-キューブ・スタイル 横浜T-キューブ・スタイル
初めまして。 整理整頓コンサルタント藤岡 聖子です。   2016年12月に、法人向けホームページを立ち上げました。 個人向けホームページはこちら。 ……(続きを読む)

……(続きを読む)


【整理収納アドバイザー2級認定講座】 開催回数12月31日現在198回 ……(続きを読む)

……(続きを読む)


2016年も終わりに近づき、「もう1年が終わるのか」「年々早くなる」そんな感想をお持ちの方も多いことでしょう。子供時代は、ただただ集中して物事を進めるために(単に楽しんでいるだけかもですが)、時間という時空を飛び回っています。そのため満足感も高く、充実していることが大人より多いのかもしれません。

……(続きを読む)


……(続きを読む)


 

LIXILが運営しているHOMPAD 住まいの達人コラムに4週連続で掲載されます。

テーマは防災『命を守る防災の備えは、整理収納の極み』
12月28日第1回は、『暮らしの防災を考える』です。

 

災害は、自然災害だけではない。

防災・減災というと、日本だけの災害を思い浮かべがちですが、
世界規模で考えていくとテロも視野に入ってきます。
特に東京オリンピックが開催されることが決定した瞬間から、
日本にもテロの脅威が高まったと考えられます。
ドイツやチェコの政府が10日分の水・食料・薬品の備蓄を呼びかけたことで、
憶測が広まりました。
テロ、金融危機、戦争。海を隔てた国のことと他人ごとのように思わず、
情報に注意をしていきたいものです。
世界のどこかでくしゃみをすれば、あっという間に日本も風邪を引いてしまうのですから。
広い視野から防災を考えておきたいものです。

 

 

個人でできる防災。始めにすることは、自宅を安全な場所にする。

 

広い視野でと言っても、個人でできることは、
自宅や地域に限られることがほとんどです。
まずは、家族の命を守ることを最優先にしましょう。

 

一番初めにするのは、家の耐震チェックです。
家が倒壊するようであれば、命の保証はありません。
熊本の震災が大きな被害をこうむった背景に、
地方の住宅耐震基準がゆるいことがわかりました。

法律上新耐震基準には合致していますが、
大きな地震は考慮されていない地域があるということです。
大地震が想定されている地域は1に対し、
地方の多くは0.9~0.7。どの程度の地震に耐えられるのか、
あらためて自宅の耐震性を調べておく必要があります。

 

自治体が補助している場合もありますので、
不安に思っている方は早めに自治体のホームページでチェックしておきましょう。

 

寝室は、もっとも無防備になっている夜に使う部屋です。

(続きはこちら)


……(続きを読む)


転勤族だった頃、夫は2週間で現地に赴任。引越先を決めるのも、引越の準備をするのも一人でこなしてきました。引越すたびにモノの仕分けをし、必要なものだけを詰め込み、家具配置を想定して段ボール箱に引越先の部屋を記入し、新居でまた元に戻す。ということを繰り返してきました。 ……(続きを読む)

……(続きを読む)


整理収納アドバイザー1級予備講座 名古屋にて2日間行われました。 ……(続きを読む)

……(続きを読む)


横浜T-キューブ・スタイル 横浜T-キューブ・スタイル
大磯町の男女共同参画講演会にお呼びいただきました。 神奈川県との共催です。 定員を超える多くの方にご参加いただきました。   「家庭をパワースポットに!モノとこころと時間の整理術」 モノは、こころと密接に関わっています。   なぜ捨てられないのか? そこには、戦後から高度成長期を超えてきた方の価値観があります。 論理的にお話しすると、ほとんどの方が納得されます。   また、多くのモノがあるほど、探し物が増える傾向にあります。 時間の浪費があるのです。 もったいないという言葉がありますが、 本当にもったいないのは何なのか? 一番考えていただきたいことです。     【ご感想】 ・心が満足すると処分ができると言われ、なるほどと思った。まずは自分の物から整理する。 ・部屋の状態は、その人の頭・心の状態という言葉にあらためてそう思いました。家の中がぐちゃぐちゃで、仕事から戻った時にイライラします。家族のせいにせず、まず自分から片付けたり整理収納し、過ごしやすい家庭にしたいと思いました。 ・わかりやすかったです。 ・具体的な方法が学べてよかった。 ・内容が豊富で参考になりました。 ・とてもためになりました。夫婦円満のきっかけもわかりました。 ・スピード感のあるお話だった。考え方を切り替えることも大切だと思いました。 ・とても分かりやすく楽しいお話でした。すぐに実行できることが多く、やってみようと思います。 ・実際のお客様宅のお話が多く分かりやすかったです。 ・とても分かりやすい内容で、できることからさっそく始められそうだと感じました。家族関係が良好になるポイントなども勉強になりました。お話が聞けて良かったです。 ・片付けてもすぐに散らかりストレスに…。何とかしなくてはと思い参加しました。まず「捨てる」ところからですね。  

……(続きを読む)